日本赤十字社茨城県支部ホーム講習

講習

日本赤十字社茨城県支部は、みなさまの日常生活において安全で健康な生活を営めるように、講習を企画し実施しております。下記の内容をご確認のうえお申し込みください。

受講にあたって(必ずご確認ください!)

  • 講習により受講条件や受講費が異なりますので、ご確認のうえお申し込みください。
  • 受講費は、テキスト代、教材代、保険料等が含まれます。また、水上安全法講習では、プール使用料が自己負担となる講習があります。
  • 受付は定員になり次第締め切ります。また、申込者が10人に満たない場合は中止することがあります。
  • 上記のほか、災害や感染症の流行時、またはこれらが予測される場合は、連絡なく中止することがあります。講習期間中に中止した場合は、他日程への振替え受講といたします。なお、受講費は返金できませんのでご了承願います。
  • 講習は実技を伴いますので、動きやすい服装・靴でご参加ください。(スカート・半ズボン・サンダル不可)
  • 昼食は各自でご準備願います。
  • 全日程参加者には「受講証」を発行します。また、救急法基礎講習および各養成講習の検定合格者には「認定証」を発行いたします。
  • 水上安全法救助員養成講習は水中で人を救助する技術を修得するため、受講には一定の泳力が必要です。一定の泳力の目安は以下のとおりですので、必ず内容をご確認のうえ受講願います。
    • クロール及び平泳ぎで100m以上かつどちらかは500m以上
    • 横泳ぎ25m以上
    • 立泳ぎ3分以上
    • 潜行15m以上
    • 1m以上の高さから飛び込み

安全管理の観点から、講習開始後に受講者の泳力が一定のレベルに達していないとスタッフが判断した場合は、途中で参加をお断りすることがあります。(受講費は返金いたしません。)また、一定の泳力は受講条件であり、検定項目ではありません。

救急法

講習の種類(救急法) 手当の基本、胸骨圧迫と人工呼吸、AEDの使用法、急病やけがの手当、災害時に役立つ技術などを学びたい方にご受講していただきたい講習です。【救急法】

水上安全法

講習の種類(水上安全法) 水の事故防止、泳ぎの基本と自己保全、事故者の救助および応急手当などを学びたい方にご受講していただきたい講習です。【水上安全法】

雪上安全法

講習の種類(雪上安全法) 雪上での事故防止、スキーの基本、事故者の救助技術などを学びたい方にご受講していただきたい講習です。【雪上安全法】

健康生活支援講習

講習の種類(健康生活支援講習) 健康増進と高齢者に起こりやすい事故の予防・手当、地域における高齢者支援に役立つ基礎的知識・技術、日常生活の自立に向けた介護の知識と技術を学びたい方にご受講していただきたい講習です。【健康生活支援講習】

幼児安全法

講習の種類(幼児安全法) 子どもに起こりやすい事故の予防と手当、子どもの病気への対応を学びたい方にご受講していただきたい講習です。【幼児安全法】

赤十字WEB CROSS(電子講習室)

赤十字WEB CROSS(電子講習室) 各講習の予習・復習をしたい、講習内容を体験したい方は、こちらをご覧願います。【赤十字WEB CROSS(電子講習室)】

救急員等資格継続研修

講習の種類(救急員等資格継続研修) 赤十字救急法救急員などの認定証をお持ちで、有効期限を延長したい方にご受講していただきたい講習です。【救急員等資格継続研修】

指導員を派遣してほしい!

指導員を派遣してほしい! 町内会、学校、団体、会社等のご希望に応じて指導員を派遣します。なお、日程によってはご希望に沿えない場合がありますので、開催希望日の2ヵ月前までに、日赤茨城県支部講習担当までお問い合わせ願います。【指導員を派遣してほしい!】

このページの先頭へ戻る

Copyright © 2002-2016 Japanese Red Cross Society Ibaraki Chapter All rights reserved.